会費納入手続取扱規則

マリン・オフィス・クラブ会費納入手続取扱規則

改正 平成24・7・13(第1条,第2項追加)

第1条(趣旨)

この規則は、会費出納手続きの公正且つ公平な取り扱い、会費出納の有無による会員資格得喪の明確化並びに会費出納事務・管理・手続きの軽減を図ることを目的
とする。

本規則中 会員に関する規定は その趣旨に反しない限り 準会員にも準用する。

第2条(会計年度の起算日)

会計年度の起算日は会則12条に基づき、毎年7月1日とする。

第3条(納入方法)

会員は、中途入会等の場合を除き、原則として年額を納めるものとする。

但し、中途入会の場合には、年額のうち、入会月以降の残月分に相当する額を納めれば足りる。

第4条(休止の申出)

病気等の事情により、一定期間、会の活動に参加できない場合には、会員資格の休止を申し出ることができる。この場合、その年度分につき既に会費を納めていた
場合には、申出を受けた月から起算し、休止期間に相当する金額の還付を請求できる。

第5条(休止の効果)

休止の申出により、次の事項については非会員としての取り扱いを受ける。

  • 1.研修会等において、会員と非会員とで額が異なる場合の負担すべき実費額
  • 2.会員を対象とする発行物等の購読
  • 3.総会への出席及び議決権
  • 4.その他、特に会員のみを対象とする活動等への参加

第6条(休止状態からの復帰)

第4条により休止を申し出た会員は、申出により、いつでも復帰を申し出ることができる。この場合、復帰を申し出た月以降の残月分に相当する額を納めなければ
ならない。但し、休止の申出の際、既納付分の還付を受けていない場合にはこの限りでない。

第7条(滞納の場合)

会員が第3条の規定にもかかわらず、次年度までに会費を納めなかった場合は、納付があるまでは、第5条の規定を準用する。

第8条(施行期日)

この規則は第21期より施行する。

第9条(検討)

この規則は施行後5年を経過した場合において、この規則の施行状況を勘案し、必要があると認めるときは、この規則の規定について検討を加え、総会決議により改正できるものとする。

(附則)

この規則は、平成24年7月13日から施行する。

[PDF]マリン・オフィス・クラブ会費納入手続取扱規則・H2407改正版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする