第5回 研修会報告

 5月24日(金)相模原地域で「書類の取り寄せ」をテーマに研修会を行いました。昨年から始めた支部地域での研修会、相模原支部では2回目となります。
 当日の参加者は14名。うち、初めて参加された方が4名で、経験年数が約3か月~5年の方々でした。初級者向けということでしたので、ざっくりと「書類の説明」をし、「取り寄せ方法」の基本と応用を解説しました。

 数年前までは、法務局の窓口に出向いて申請するか郵送で請求していた登記簿謄本。今では全国どこの謄本でもインターネットで机に座ったまま取り寄せができたり…
 また、管轄の区役所でしか入手できなかった戸籍や除籍などは、電子化によって同市内の区役所であればどこでも請求できたり…

 と、書類の取り寄せ方の「基本的な考え方」は変わりませんが、「取り寄せの手段」が増えたりして、とても便利になりました。仕事の手間も軽減され、スピーディな仕事ができるようになりましたが、だからこそ「基本」を忘れがち。
 今回の研修会では、その「基本」を押さえつつ、それを踏まえた「応用」を解説できたのではないかと思います。

 書類の取り寄せ業務は、私たちの仕事には欠かせないとても大事な業務です。「基本」をしっかり学習して、スキルアップしていくことが、頼りになる事務員への第一歩!!と実感した研修会になりました。MOCの研修会は、基本的に初級者向けに企画・開催しており、毎回、大事な大事な「基本」を押さえつつ、実務に役立つ「応用」をご披露しております。是非ご参加いただいて、ご自身のスキルアップに役立ててください。

 また、今回の研修会は、ほぼ全員が質問・発言していたように思います。疑問・不明点を全員で考えたり、教えあったり、経験を話し合ったりと、「聞いているだけではない」MOCらしい研修会になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする