MOC研修・クレサラ初級中級開催

3月22日、波止場会館にて上記のテーマの研修会が上大岡法律事務所の藤本剛さんを講師に招き開催されました。
参加者は18名。
“破産申立”となると同時廃止事案が大半を占めますが、前半は本来の基本である管財案件の申立前処理である財産の保全や換価について、また申立に際しての注意点などについて話をしてもらい、後半は参加者の経験談などをふまえて自由に発言できるゼミ形式の研修となりました。

 ゼミ形式での進行は、ここ数年MOC研修として力を入れている方法です。
 参加者の方からの疑問・質問はもちろん、講師や司会者以外の色んな経験を持ってる方の経験談などテキストには書いていない(書けない!?)情報も飛び交い、非常に好評です。
 
 今回の研修では、ある加工食品を扱っていた会社の破産に際し、債権者から「取扱食品のレシピを売ってくれないか?」との連絡がきた事例や、ペットショップの破産に際し、生き物をどのように換価していくか等の経験談や苦労話が披露されました。
 なかなか直面することのない事例だっただけに貴重な話を聞くことが出来ました。
 研修後は、もちろんみんなで懇親会。
 ワイワイ飲んで日頃の鬱憤を晴らすことが出来ました

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする