趣味?

どうも人より血の気の多いらしい私は、
たまに血を抜きに…献血しに献血ルームに行きます。
昔と異なり、土日でも可能なので便利になったと思います

前回は3、4ヶ月前で、十数分で済む、
400ccの「全血献血」ばかりだったのですが、
その日は時間があったので、
一般的に3~40分かかるという「成分献血」に
初めて挑戦してみました。

献血の前に血圧や血液型の検査は400ccと
同じだったのですが、更に心電図を取りました。
で、「異常なし」の説明の際、「この図が○○で、□□の状態を表し…」と
丁寧な説明を受け、医療過誤事件等で何度か見たことのある
心電図の仕組みが少し分かりました。

それから「水分の補給」として暖かい飲み物をもらったのは
いつも通りだったのですが、更に「カルシウム(だったか?)」の
サプリメントもどうぞ、とくれたので両方摂取した頃、名前が呼ばれました。

予め、「時間がかかるのでトイレは済ませておいて下さい」と
言われたのも初めてでした
(因みに献血後の最初のトイレは「男の方も座ってお願いします」と
いう張り紙が貼ってあるのですが、めんどくさくて守ってない様な…)。

それからパーソナルテレビが備え付けられた状態で
(でも特に見たいものが無く小説を読んでましたが)、
結構快適に「搾り取られ」ました。

というのは、400ccのときはゴムバンドが締められる程度でしたが、
一定量(私の場合、十数分位)腕を圧迫されて摂取された後、
遠心分離器で、血小板や血漿のみを取り出した残りの
赤血球等を再び体内に戻すのでそのときは圧迫が解かれ、
その後再び、「圧迫されて摂られる」を確か合計4回繰り返しました。

実は予想していたのですが、どうも人より血の巡りの悪いらしい私は
1時間近くかかりました(10分位後から隣に来た若い衆は
私より10分位早く終わってました。
因みに以前400ccの際には、女性より遅かったときもあったりして…)。

で、終了後、再び水分補給として血圧を測りながらスポーツドリンクを摂取して
献血作業は終了しました。

なお、いつも絆創膏やハンドソープとかをお礼?にくれるのですが、
成分献血だったせいか、トートバックやらハンドタオル、
それに一見魔法瓶風のマグカップをもらいました
(但し保温機能は残念ながらありませんでした。
因みにトートバックは事務所の同僚に「欲しい?」と聞いたら喜ばれました)。1.JPG

それから、たまたま30回目だったみたいで、
「紫綬褒章だかをもらった人」作のガラス製のお猪口ももらいました
(が、日本酒を飲まないのでしまったあります)。

なお、400ccのときは次回は3ヶ月経たなければならないのに対し、
戻す分があるせいか、「成分献血の場合は2週間後には可能です」
ということでした(が、血の気の多いらしい私も、献血直後の2、3分程度
「ちびまるこちゃん(=顔に縦線)」を実感した気が…)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かじ より:

    献血いいですね・・。
    私は今まで一度もやったことがないです。なんか,怖いんです・・。
    でも,最近太ってきたし,献血したら多少は多少は体重減るかなあとおバカな想像をして,「献血 ダイエット」でググってみたら出るわ出るわ。
    同じこと考えてる人多いですね。
    ただ,まあ,その分帰りにドリンクもらうんだから,減らないわな・・・。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です